住宅型有料老人ホーム

介護が必要となった場合は、訪問介護など、外部の在宅介護のサービスを利用し、 要介護度が重度になった場合は、特定施設入居者生活介護より、介護保険費用がかかります。 「特定施設入居者生活介護」を受けていないため、老人ホームのスタッフが介護サービスの 提供をすることが無いためです。

外部の事業者によるサービスで、介護付き有料老人ホームと区別がつかない場合もありますが そのような場合でも「介護付き」や「ケア付き」という表記はありません。 介護が必要になった時に、訪問介護や通所介護などの外部サービスによるケアプランを設定できます。