介護付有料老人ホーム

「特定施設入居者生活介護」または「地域密着型特定施設入居者生活介護」となります。 入居後、介護が必要となった場合には、有料老人ホームのスタッフが介護サービスを提供します。 介護サービスのためのスタッフを、外部の事業者に委託したものは「外部サービス利用型」と言われ、 運営事業者と介護スタッフが別会社であることが特徴です。 2006年より、介護サービスに関する情報の公表制度が導入されたため、介護付き有料老人ホームの 基本情報に関する項目、調査員により客観的に確認された調査情報項目がインターネット上で見ることが、 出来るようになっています。